埋没毛 炎症

毛が皮膚の中で埋もれる埋没毛とは

埋没毛の処理

かみそりや毛抜きでムダ毛処理をしていると、毛が皮膚の中に埋もれてしまいなかなか皮膚表面にでてこないということがありますね。
これは埋没毛といい、ほとんどの埋没毛は自然にお肌表面にでてきますが、まれに炎症を起こすことも。
そもそも、どうして埋没毛になるのでしょうか。

 

埋没毛の原因は間違ったムダ毛処理といわれています。
かみそりでの処理を行う際、よりキレイに剃ろうと毛の流れに逆らって剃ったり、毛抜きでの処理を続けていると毛穴に傷がついてしまったり毛先がとがり、埋没毛になりやすくなってしまいます。
かみそりや毛抜きを使ったムダ毛処理は手軽ですし、コストパフォーマンスもよいので沢山の方が利用されていると思いますがこうした間違ったムダ毛処理が原因でお肌トラブルになってしまうことがありますので注意しなくてはいけませんね。

 

また、埋没毛になってしまった方で針や毛抜きを使い埋もれた毛を強引にだしたことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんが、そういったことをすると雑菌が入り込みお肌が炎症を起こしてしまうこともありますので絶対にしてはいけません。
埋没毛になってしまったら皮膚科やエステ店での脱毛施術、炎症がひどい場合は皮膚科で相談してみましょう。